ネットワーク レガシー USB (ハードウェア – グレー) ライセンス ログ

      コメントオフ ネットワーク上のレガシー USB (ハードウェア – グレー) ライセンス ログ

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、レガシーEdgeWiseネットワークキーのライセンスログについて説明します。 このライセンスログには、ログファイルの作成とレガシーEdgeWiseネットワークキーのリアルタイム監視の両方が含まれます。

リアルタイム監視

EdgeWiseネットワークのレガシーライセンスにアクセスしているユーザーの基本的な使用法とエラー情報を取得することができます。 最も簡単な出発点は、でアクティブなユーザーを表示することです センチネルキーライセンスモニター.

  Sentinel ライセンス マネージャー でアクセスできます http://localhost:7002/ ライセンスをホストしているサーバーにログインしたとき。 すべての標準ブラウザがサポートされています。 リアルタイムのアクセス情報はhttp://から見ることができます:7002 /同じネットワーク上の任意のコンピューターから。

この例はhttp://10.0.0.5:7002です。 ネットワーク上の他のコンピューターからこれにアクセスできない場合は、サーバーのファイアウォール設定をチェックして、ポート7002へのアクセスをブロックしていないことを確認します。

レガシーEdgeWiseネットワークライセンスロギングリアルタイムモニタリング
図1:右側の[キー情報]を選択してキーを表示します
レガシーEdgeWiseネットワークライセンスロギングキー情報
図2:キーの下の「1」をクリックして表示します
レガシーEdgeWiseネットワークライセンスロギングライセンス
図3:XNUMXつをクリックすると、アクティブユーザーのコンピューターとユーザー名が表示されます。 シート数は、ライセンス#1のユーザー制限によって決定されます
レガシーEdgeWiseネットワークライセンスロギングアクティブユーザー
図4:これはアクティブユーザーを示しています

ライセンスログ

ロギングには、USBレガシーキーをホストしているコンピューターまたはサーバー上のログファイルとしてのみアクセスできます。 すべての構成はサーバーで開始する必要があります。 ライセンスモニターの構成セクションをナビゲートすることから始めます。 サーバー上では、これは http://localhost:7002/configuration.html

ライセンスログ
図5:ライセンスログ

ロギングをオンにするには、 応答ログ チェックボックスをオンにして、ログファイルと呼びたいものを書き込みます。 ファイル名のみを追加する必要があります。 ファイルパスはハードコーディングされています。

ログファイルのデフォルトの場所は次のとおりです:C:\ Program Files(x86)\ Common Files \ SafeNet Sentinel \ Sentinel KeysServer \ "。

これにより、指定された名前のファイルが作成されます。 ライセンスへのアクセスはここに保存されます。

エクスポートされたログ
図6:エクスポートされたログ

このログファイルには、主に、ライセンスにアクセスしているユーザーの時刻、コンピューター名、およびユーザー名が表示されます。 ##で始まる各行の他の値は、ライセンス機能番号とクライアントプロセスID(マネージャーに表示)です。

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次