Plant3Dにエクスポート

      コメントオフ Plant3Dへのエクスポートについて

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、配管モデルをPlant3Dにエクスポートする方法について説明します。 EdgeWiseからのエクスポートは、このプロセスの3つのステップにすぎません。 エクスポートを完了するには、PlantXNUMXDプラグインも設定する必要があります。 参照する この記事 プラグインのセットアップに関する詳細については。

Plant3Dにエクスポートする方法

まず、EdgeWiseプロジェクトでパイプモデルが開いていることを確認します。 次に、に移動します File タブをクリックします 輸出 ドロップダウンメニュー。 次に、をクリックします パイプ -> プラント3D。 このボタンをクリックすると、XNUMXつのダイアログが順番に表示されます。

最初のダイアログでは、EdgeWiseが、公称直径の1.5倍以外の半径のエルボを、ソケット溶接(SW)または短半径(SR)エルボの適切な半径に自動的にサイズ変更することを警告します。 半径が公称直径の1.5倍のエルボは、長半径(LR)エルボとして分類されます。 この手順により、メモリ内のEdgeWiseモデルが変更されることに注意してください。 他のモデリング操作と同じように、この変更を元に戻すことができます。

Plant3Dへのエクスポート-ダイアログ1
図1:ダイアログ1-エルボーのサイズ変更

クリックすると はい 続行するには、保存する.c3p3dファイルの名前を入力するように求めるXNUMX番目のダイアログが表示されます。

最後のダイアログでは、 スナップ耐性。 この許容誤差により、EdgeWiseエルボが次のように分類されるかどうかが決まります。 標準 肘(正確に45度または90度)または 減らす エルボー(83.8度などの非標準角度)。 たとえば、デフォルトの許容値である5度を選択した場合、EdgeWiseでの角度が85〜95度のエルボは、3度のエルボとして.c3p90dファイルに書き込みます。 さらに、隣接するパイプの端点は、連続性を維持するためにそれに応じて調整されます。 スナップ許容値が大きい(10度を超える)と、スナップエルボに隣接するパイプの端がかなりの距離だけ移動する可能性があることに注意してください。 クリック OK エクスポートプロセスを続行します。

カットバックスナップ許容値ダイアログ
図2:カットバックスナップ許容値ダイアログ

ここから、ファイルをPlant3Dにインポートします。 繰り返しますが、 Plant3Dのセットアップ 記事。

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次