PDMSにエクスポート

      コメントオフ PDMSへのエクスポートについて

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、EdgeWiseパイプまたは構造をPDMSにエクスポートする方法について説明します。 ユーザーがEdgeWiseからPDMSにエクスポートできるようにする専用のプラグインがあります。 この記事では、このプラグインのインストールと、実際にプラグインを使用してジオメトリをインポートする方法の両方について説明します。 配管と構造のワークフローの詳細については、 配管はこちら および 構造はこちら.

PDMSプラグインをインストールします

提供されたZIPファイルからフォルダーを抽出し、 クリアエッジ AVEVAPDMSサーバーまたはワークステーションインストールのPMLLIBディレクトリにフォルダを配置します。

図1:PMLLIBディレクトリ

からファイルをコピーします PDMSUI \ DES \ ADDINS PDMSUI \ DES \ ADDINS AVEVAPDMSサーバーまたはワークステーションインストールのディレクトリ。

図2:PDMSUI / DES / ADDINSディレクトリ

ローカルワークステーションをインストールしている場合は、ワークステーションごとにこれを行う必要があります。 ネットワークライセンスの場合は、必要なファイルとフォルダーをネットワークの場所にコピーします。

すべてのファイルとディレクトリをインストールしたら、PDMSを起動して次のように入力します。 MONITOR PMLインデックスを再ハッシュします。 MONITORのコマンドラインで、コマンドを発行します PMLリハッシュすべて、続いて PMLインデックス。 これにより、PMLインデックスファイルがインポートアプリケーションのパスとファイル名で更新されます。

注:インストール後にPMLインデックスが更新されない場合は、 設計 UIの初期化に失敗します。


EdgeWiseからPDMSへのパイプモデルのエクスポート

EdgeWise内でパイプモデルを作成します。 次に、モデル選択ペインでモデルを選択していることを確認します。 最後に、に移動します File タブをクリックします。 輸出 ドロップダウン、ホバー パイプ をクリックし PDMS。 これにより、.PDMSファイルが作成されます。

図3:EdgeWiseからPDMS形式へのエクスポート

注:PDMSにエクスポートする前に、パイプモデルを標準化する必要があります(パイプにASME / DIN /標準を適用します)。 標準のパイプのみがPDMSにエクスポートできます。


パイプをPDMSにインポートする

Clearedge3Dアプリケーションは、パイプワークの作成メニューに追加されます。 設計.

図4:PDMSのClearEdge3dインポートオプション

選択する ClearEdge3dインポート プルダウンメニューのオプションを選択すると、メインの申請フォームが表示されます。

図5:ClearEdge3Dインポーター

メインフォームには複数のタブがあります。

  • 入力 –ファイル名入力フィールドと、インポートされたパイプが作成されるPDMS階層内の場所が含まれます。
  • ASMEスペックマッピング –これは、PDMS仕様名をインポートファイル内で渡されるASME圧力クラスにマッピングするために使用されます。
  • DINスペックマッピング –これは、PDMS仕様名をインポートファイル内で渡されるDIN圧力クラスにマッピングするために使用されます。

スペックマッピング–配管

CleareEdge3Dからのインポートデータは、ASMEとDINの両方の標準圧力クラスを識別できます。 PDMS内にパイプを作成するには、これらの圧力クラスをPDMS仕様にマッピングする必要があります。

図6:ASME圧力クラス
図7:DIN圧力クラス

圧力クラスをPDMS仕様にマッピングし終えたら、メインフォームを初期化するマッピングを保存する必要があります。 この操作はXNUMX回だけ行う必要があります。 スペックマッピングが変更された場合、マッピングを再度保存する必要があります。

図8:スペックマッピングの保存

製造仕様を使用するのではなく、圧力クラスごとに一連の一般仕様を作成することを強くお勧めします。 これにより、ユーザーはインポートプロセス中に個々のコンポーネントを選択する必要がなくなります。

注:すべてのボアサイズに可変角度エルボを使用することを強くお勧めします。 スキャンデータの精度は異なる可能性があるため、45と90の標準角度エルボはあまりうまく機能しません。 パイプルートを可能な限り正確にするために、可変角度の使用がほとんど必要です。

サポートされている要素のTYPEと仕様のSTYPは次のとおりです。

  • ELBO – EL90(すべてのボアサイズの可変角度)
  • TEE
  • VALV – GATE、VALV – GLOB、VALV – BALL、VALV – PLUG
  • レデュ
  • フラン– WN
  • FLAN – FSO(LAP JOINTを表すために使用されるスリップオンフランジ)
  • ATTA – AT(パイプテールの終端に使用されます。)

既知の問題の配管

PDMSは作成します エラーログのインポート EdgeWiseからのデータの処理中。 ログは、環境変数PDMSUSERで識別されるユーザーのホームディレクトリにあります。 エラーログの名前は clearge_import_errors.txt。 このログは、次のような発生する可能性のあるインポートの問題のトラブルシューティングに役立つ貴重な情報を提供します。

  • パイプ内の複数のブランチは接続されません。
  • レデューサーは現在、タイプ、つまりCONECCに関して識別されていません。
  • インポーターは、ティーとバルブの向きをサポートしていません。
  • 要素の位置は、SCANの原点に基づいています。

EdgeWiseからPDMSへの構造モデルのエクスポート

EdgeWise内で構造モデルを作成します。 次に、モデル選択ペインでモデルを選択していることを確認します。 最後に、に移動します File タブをクリックします。 輸出 ドロップダウン、ホバー モデル をクリックし PDMS。 これにより、.PDMSファイルが作成されます。

図9:EdgeWiseからPDMS形式へのエクスポート

構造をPDMSにインポートする

入力します PDMSデザイン 構造を選択します 梁と柱 応用。 次に、 SCTNをインポートする Edgewiseメニューの下のプルダウン。 メインの申請書が表示されます。

このフォームにはXNUMXつのタブがあります。 インポート、ファイル読み取り結果、 および PDMS鋼仕様にエッジワイズ。 「インポート」タブと「ファイル読み取り結果」タブについては、後で説明します。 ユーザーがEdgewiseとPDMSのスペックペアリングを作成していない場合は、警告メッセージが表示され、以下に示すように、ユーザーは[OK]をクリックする必要があります。

図10:警告ダイアログ

構造のインポート–EdgeWiseからPDMSへの鋼の仕様タブ

メインフォームが表示されたら、XNUMX番目のタブ、 PDMS鋼仕様にエッジワイズ 以下のように表示されます。

図11:EdgeWiseからPDMSへの鋼の仕様

ユーザーは、少なくともXNUMXつのSteel Spec Pairingが作成されるまで、ファイルを読み取ったり、SteelSCTNをインポートしたりすることはできません。 ユーザーは、をクリックしてEdgewise SteelSpecを追加できます。 Add 次のように入力フォームを表示するボタン:

図12:新しいEdgeWiseSteel仕様を入力

ここに名前を入力しました AISC:

図13:AISC入力

イベント OK 次のフォームが表示されます。

図14:PDMS鋼仕様の選択

このフォームには、現在のPDMSプロジェクトで見つかったすべてのPDMS Steel SPECが一覧表示され、SPECのDESC属性も角かっこ(「[]」)で示されます。 ユーザーのPDMSSteel SPECを表示するには、SPECのPURP属性を次のように設定する必要があります。 STL。 SPECのDESCを意味のあるものに設定することも役立ちます。 各ユーザーのプロジェクトに表示されるSPECは、ここに表示されるものとは異なります。 プロジェクトで唯一のAISCSPECに移動し、 仕様を選択

図15:仕様の選択

ユーザーはいつでもEdgewiseSpecを追加したり、ペアリングを削除したり、PDMSSPECを再選択したりできます。 このデータは、という名前のテキストファイルに保存されます EdgewiseToPDMSSTLSpecs.txt ユーザーがいるPDMSプロジェクトフォルダー内。ユーザーがエッジワイズとPDMSの仕様のペアリングに問題がある場合、SCTNのPDMS SPREFは見つからないため、ユーザーは別のPDMS仕様を選択する必要があります。 少なくともXNUMXつのEdgewiseとPDMSSpecのペアリングを作成すると、ユーザーは次の手順に進むことができます。 インポート タブには何も表示されないことに注意してください。


構造のインポート– [インポート]タブ

図16:[インポート]タブ

  インポート タブを使用すると、インポートする.c3pdmsファイル、作成/置換するSTRU名、SCTN BANG値を丸める場合、プロファイル名の変更を適用する場合、インポートする前にファイルの読み取り結果を確認する場合を制御できます。 PDMSに、無効なSPREFを持つSCTNをインポートする場合。

  ブラウズ ボタンをクリックすると、PMLファイルブラウザが表示され、インポートする.c3pdmsファイルに移動できます。 .c3pdmsファイルを選択して[開く]ボタンをクリックすると、ファイル名からファイル拡張子を引いたものが、スペースをアンダースコアに置き換え、最初の「/」文字を追加することでPDMS名に変換されます。 この名前がす​​でに存在する場合は、既存のSTRUを上書きするか、STRU名を変更することを許可する警告メッセージが表示されます。 STRU名を変更するには、に目的の名前を入力します。 作成するSTRU名 ボックスに入力し、Enter / Returnキーを押します。 これにより、PDMSプロジェクト内の既存の名前付きオブジェクトに対して名前がチェックされます。

  ラウンドバン チェックボックスと バントレランス 値を使用すると、BANGが指定された許容範囲内にある場合、SCTN BANG値を最も近い45度の角度(0、45、90、135、180およびそれぞれの負の値)に丸めることができます。 この丸めは、 読み取りファイル プロセス(前に インポート プロセス)。


構造のインポート– [インポート]タブ–続き

  プロファイルPDMS名を確認して変更する可能性があります チェックボックスは、エッジワイズプロファイル名をチェックして有効なPDMS SCTNCATREF名に変更できるユーザー変更可能なPML関数の呼び出しを制御します。 たとえば、一部のPDMSユーザーは、大文字の「X」ではなく小文字の「x」を使用します(W12x26とW12X26)。 ユーザーがプロファイル名をチェック/変更したくない場合は、このチェックボックスをオフのままにします。 それ以外の場合は、それを確認し、必要に応じてPML関数を変更します。 このチェックは、 読み取りファイル プロセス(前に インポート 処理する)。 セクションを参照してください ユーザーのカスタマイズ のガイドをご参照ください。

  インポートする前にデータを確認する チェックボックスを使用すると、ユーザーは 読み取りファイル PDMSにインポートする前の結果。 このボックスをチェックすると、ユーザーはSCTNプロファイルをPDMSにインポートする前に確認し、場合によっては変更できるため、推奨されるアプローチです。 このチェックボックスをチェックしない場合、 読み取りファイル プロセスの直後に、SCTNをPDMSにインポートします。

  SPREFが無効なSCTNをインポートする チェックボックスは、無効な仕様参照を持つSCTNのインポートを制御します。 ユーザーがこれらのSCTNをインポートする場合(PDMSでは破線で表示されます)、ユーザーはこのチェックボックスをオンにする必要があります。 このチェックボックスをオフにすると、インポーターは無効な仕様参照を持つSCTNSを無視し、PDMSへのインポートに失敗します。

  読み取りファイル および PDMSにインポート ボタンは自明です(上記のチェックボックスコントロールを参照)。 インポートするファイルを選択した後のフォームは次のとおりです。

図17:インポート設定

構造のインポート– [ファイルの結果の読み取り]タブ

  ファイルの結果を読む タブには、 読み取りファイル 結果を処理し、ユーザーがSCTNプロファイルを確認して編集できるようにします。 あなたがチェックした場合 [インポートする前にデータを確認する]チェックボックス、を押す 読み取りファイル ボタンはに切り替わります ファイルの読み取り結果 以下に示すようにファイルを読んだ後、タブ。

図18:[ファイルの読み取り結果]タブ

  ファイル説明 選択したファイルを参照し、から指定されたSTRUのDESC属性としてPDMSにインポートします。 インポート タブと編集可能です。

  ファイルエラーの数 選択したファイルの読み取り時に処理されたエラーの数を示します。 ある場合は、「S」(表示)をクリックすると、エラーが表示されます。 データなし 以下のリスト。

次の行は、読み込まれたSCTNの総数と、見つかった有効、不良、およびインポート不可能なSCTNSの数を示しています。

次のフィールドは、ファイル内の有効な鋼仕様の数です。 ユーザーは、XNUMX番目のタブを使用して、Edgewiseがサポートする任意の鋼仕様を追加できます。 PDMS鋼仕様にエッジワイズ.

次のフィールドは、有効なSCTNプロファイルの数です。 クリックすると S 次の図に示すように、ボタンをクリックすると、以下のリストにデータが入力されます。 各プロファイルをクリックすると、プロファイルのステータスとそのプロファイルを使用しているSCTNの数が表示されます。


構造のインポート–有効な使用済みSCTNプロファイル

以下のフォームでは、リストにPDMS AISCカタログ(小文字の「x」)に準拠するように変更されたプロファイル名が表示されていることに注意してください。

図19:有効な使用済みSCTNプロファイル

次のフォームは、「履歴プロファイル」を表示した結果を示しています。 PDMS AISC Steel Catalogは第13版に基づいているため、W14X87(またはW14x87)が含まれていないため、コードは次に使用可能なプロファイルを探します。 適切なプロファイルを探すこの機能は、鋼の仕様とプロファイルの形状(H形状、チャネル、角度など)によっては、プロセスを複雑にする可能性があります。 を参照してください ユーザーのカスタマイズ および 既知の問題と制限 セクション。

図20:過去のSCTNプロファイル

前に述べたように、ユーザーはを介して各プロファイル名を変更できます プロファイルPDMS名を確認して変更する可能性があります 機能または手動。 次のフォームは同じ入力ファイルを示していますが、 プロファイルPDMS名を確認して変更する可能性があります チェックボックスがオフになっています。 ザ・ 不明なSCTNプロファイル をクリックするとリストが表示されます S(表示) の後ろ 不良プロファイルの数。 ここで、ユーザーは W10X45 フォームには、プロファイルが見つからず、2回使用されていることが示されています。

図21:不明なSCTNプロファイル

ユーザーが「X」を「x」に変更してEnter / Returnキーを押すと、フォームが次のように変わります。 このプロファイルが存在するため、フォームには、このプロファイルを使用するすべてのSCTNのプロファイル名を変更する機能が表示されます。 この「マッピング」は保存されないため、元のプロファイル名を持つ次のファイルでは、ユーザーがこの編集を繰り返す必要があります。 を参照してください ユーザーのカスタマイズ および 既知の問題と制限 セクション。

図22:フォームの「x」の変更

最後に、インポート後のPDMSのパイプラックの一部を次に示します。

図23:PDMSへの正常な配管ラックのインポート

ユーザーのカスタマイズ

どのPMLファイルも暗号化されていないため、インポートプロセス全体を変更することができます。 変更をXNUMXつのPML関数「!! editedgewiseprofile」と「!! getclosestprofile」に制限することをお勧めします。 これにより、Edgewiseは新しいリリースに機能を追加し、ユーザーがインポートプロセスをより細かく制御できるようになります。

最初の関数(“ !! editedgewiseprofile”)は、XNUMXつのパラメーター(EdgewiseSteel仕様名とEdgewiseプロファイル名)を取り、(おそらく)変更されたプロファイル名を返します。 これは、プロファイル名をPDMSプロジェクトのSteelCatalogと互換性のあるものに変更するために使用されます。 ユーザーは、これらXNUMXつのパラメーターを使用して(必要に応じてPDMSプロジェクトコードを使用することもできます)、渡されたプロファイル名をフィルター処理して変更を加えることができます。

XNUMX番目の関数(「!! getclosestprofile」)もXNUMXつのパラメーター(Edgewise Steel仕様名とPDMSプロファイル名)を取り、次に大きいSCTNのプロファイル名を返す可能性があります。 これは、渡されたプロファイル名のユーザーが希望する部分に一致するPDMS Steelプロファイル名を検索するために使用され、次に大きいプロファイル名を返そうとします。


既知の問題と制限

  • 非直交PDMSSCTNは、BANG値とPOSSおよびPOSE値に敏感です。 このため、構造モデルをエクスポートする前に、該当するすべての鋼製形状でEdgewiseのSNAPBEAMオプションを使用することをお勧めします。
  • すべてのSCTNSは、PDMSJUSL属性= NAでインポートされます。 この状態は、他のダウンストリームPDMSプロセスに適していない可能性があります。
  • SCTN BANG値は、BANG許容値が大きいRound BANGチェックボックスを使用している場合でも、インポートプロセス後に調整する必要があることがよくあります。
  • 多くの場合、さまざまなスチールプロファイルの名前はEdgewiseとPDMSの間で異なります。 これは、Steel Specバージョンの違い、PDMS Steelカタログが古くなっている、ユーザー設定などが原因である可能性があります。
この記事は役に立ちましたか?
2星のうち5

2の評価

5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 50%
1スター 50%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次