エクスポート–ケーブルトレイ

      コメントオフ 輸出時–ケーブルトレイ

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

EdgeWise内のケーブルトレイモジュールを使用すると、ポイントデータベースからケーブルトレイを抽出できます。 このガイドでは、さまざまな方法について説明します 輸出 EdgeWiseのケーブルトレイモジュール内のオプション。

覚えておいてください、いくつか ケーブルトレイのエクスポート オプションには、EdgeWise以外の追加ツールが必要になる場合があります。 前のワークフロー手順をすでに完了していることを確認してください。 半自動抽出とQA、 と同様 配置と接続.

Revit

に移動します File タブをクリックして Revitにエクスポート。 .c3rvtファイルを保存し、Revit内のEdgeWiseインポートプラグインを使用してデータをインポートします。


EOC

を使用してエクスポートするには EOC フォーマットするには、をクリックします 輸出 のドロップダウンボタン File タブをクリックし、AutoCADまたはMicroStationのいずれかを選択します EOC フォーマットオプション。 ザ・ EOC フォーマットには ライカCOEプラグインにあります (茶事の話はこちらをチェック).


STEP

  STEP エクスポートオプションは、 輸出 のドロップダウンメニュー File タブ。 この形式はインテリジェンスを保持しませんが、単純なジオメトリをエクスポートします。


スマートポイント

最後のエクスポートオプションは スマートポイント。 この形式では、選択した要素に関連付けられているポイントデータのみをエクスポートできます。

まず、対応するポイントデータが必要なアイテムを選択します。 次に、 スマートポイント エクスポートオプション。 最後に、 包括的距離 次に選択します OK.

スマートポイントエクスポートオプションケーブルトレイ
図1:スマートポイントのエクスポートオプション

  包括的距離 結果のファイルに含める選択した要素からの追加の距離です。

スマートクラウドエクスポートウィンドウ
図2:スマートクラウドのエクスポートウィンドウ

次に、対応する.RCPまたは.PTSファイルを成果物プロジェクトにロードできます。

Revit内でのスマートポイントのエクスポート
図3:Revit内でのスマートポイントのエクスポート

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次