EdgeWiseはスプラッシュ画面を表示しますが、開きません

      コメントオフ EdgeWiseでスプラッシュ画面が表示されますが、開かない

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、スプラッシュ画面を表示した後にEdgeWiseが開かない問題を解決する方法について説明します。 EdgeWiseショートカットをダブルクリックするか、別の方法で実行可能ファイルを実行すると、EdgeWiseはライセンスを正常にプルし、スプラッシュ画面を表示して、タスクマネージャーに表示されます。 ただし、スプラッシュ画面が消えると、EdgeWiseは開かず、タスクマネージャーでアクティブではなくなります。

ソリューション

これまでのところ、この問題を解決する方法はXNUMXつあります。 XNUMXつは、ユーザーマシンがローカルで直接使用されている場合に使用され、もうXNUMXつはRDP環境で作業している場合に使用されます(つまり、ユーザーはリモートデスクトップを別のマシンに使用してEdgeWiseを使用します)。

マシンをローカルに使用している場合は、Nvidiaコントロールパネルを開きます。 これは、Windowsの検索バーで次のを検索することで実行できます。 Nvidiaコントロールパネル.

ここから、[3D設定]で[ 3D設定を管理する XNUMX番目のタブをクリックします。 プログラムの設定.

あなたがここにあるべき:

図1:NVIDIAコントロールパネル–プログラム設定

クリック Add 最初のドロップダウンメニューの横にあるボタン。 ここから、次のフォルダーパスに移動します:C:\ Program Files \ ClearEdge3D \ EdgeWise

EdgeWise.exeを選択して、このプログラムリストに追加します。 ここから、XNUMX番目のドロップダウンをから変更します グローバル設定を使用する 〜へ 高性能NVIDIAプロセッサ.

EdgeWiseをもう一度開いて、開くかどうかを確認してください。 そうでない場合は、support @ clearedge3d.comにお問い合わせください。

RDPソリューション

ユーザーがリモートデスクトップを使用してEdgeWiseを使用しているマシンにアクセスしている場合は、より複雑な修正を実装する必要があります。 以下の手順は、この問題を解決するためにユーザーの環境に具体的に実装されたものです。 これらの正確な手順ではエンドユーザーが修正されない場合がありますが、重要な側面は、RDPが専用グラフィックスドライバーを使用できるように設定されていることを確認することです。 これは上記で行ったことと似ていますが、これはグループポリシーレベルになります。

RDPセッションは、デフォルトで「ライトフットプリント」のリモートセッションビデオドライバーを使用し、ハイエンドのグラフィックカードと対話してアプリケーションを適切に表示できないため、シャットダウンします。

以下のローカルグループポリシーの編集を使用して、ハイエンドのグラフィックカードとの対話を強制できます。

  1. ターゲットマシン(リモートするマシン)でタイプ gpedit.mscを スタートメニューボタンの横にある検索ウィンドウで。
  2. 管理者の資格情報を入力します。
  3. ブラウズする コンピューターの構成/管理用テンプレート/ Windowsコンポーネント/リモートデスクトップサービス/リモートデスクトップセッションホスト/リモートセッション環境.
  4. ソフトウェアの制限をクリック Windows Server 2008 R2 用の RemoteFX フォルダにコピーします。
  5. ウィンドウで次の設定をダブルクリックし、 使用可能 ラジオボタンをクリックしてからクリックします OK
    1. RemoteFXを構成する
    2. RemoteFXを使用するときにビジュアルエクスペリエンスを最適化する
    3. リモートデスクトップサービスセッションのビジュアルエクスペリエンスを最適化する
  6. その 都道府県 コラムは言う 使用可能 上記のターゲットの場合。
  7. XNUMXつのレベルをルートに戻します リモートセッション環境 フォルダにコピーします。
  8. ウィンドウで次の設定をダブルクリックし、 使用可能 ラジオボタンをクリックしてからクリックします OK
    1. すべてのリモートデスクトップサービスセッションにハードウェアグラフィックアダプタを使用します。
    2. RemoteFXデータの圧縮を構成します。
  9. その 都道府県 コラムは言う 使用可能 上記のターゲットの場合。
  10. を閉じる ローカルグループポリシーエディター.
  11. マシンを再起動して、構成されたポリシーを適用します。
  12. RDPを介して顧客テストアプリケーションを用意します。
この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次