自動壁抽出

      コメントオフ 自動壁抽出について

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

EdgeWise内の構築モジュールは、自動壁抽出を実行する完全に自動化されたアルゴリズムを提供します。 この記事では、プロセススキャンによる自動壁抽出を実行するために必要な手順について説明します。

構築ワークフローは、完全自動化から始まり、半自動抽出に進むように設計されています。 ただし、点群全体のごく一部を抽出するだけでよい場合もあります。 QAが最初から始めるよりも時間がかかる場合もあります。 これらの場合、あなたはで始めるかもしれません 半自動抽出 完全な自動化から始める代わりに。 これらのケースがプロジェクトに当てはまる場合は、上記の記事に直接スキップしてください。


プロセススキャン

このプロセスは、プロジェクトの最初から始まります。 他のEdgeWiseプロジェクトと同様に、まずは プロセススキャン 下にあるボタン File 左上隅のタブ。

  プロセススキャン ダイアログボックスが表示されます。 次に、ファイルの構成に基づいてワークフローを選択し、スキャンファイルを選択して、[ Open.

[開く]をクリックすると、次のメッセージが表示されます。 プロセススキャンオプション ダイアログボックス。 ここから、ポイントデータベースの生成と自動壁抽出の設定を調整します。 保存ファイル名と保存ファイルの場所もここで調整できます。

自動壁抽出のプロセススキャンオプション
図1:構築のためのプロセススキャンダイアログ

見つかったプロセススキャンのドキュメントを参照してください (茶事の話はこちらをチェック) [プロセススキャンオプション]ダイアログボックスの調整可能な設定の詳細については、 設定を好みに合わせて調整したら、をクリックします 次へプロセススキャンの概要、[OK]をクリックします 開始.

EdgeWiseはスキャンの処理を開始し、終了するとポイントデータベースと壁モデルを作成します。


EdgeWiseが壁モデルの作成を終了したら、次の手順に進むことができます。 半自動抽出および変更.

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次