ダクトクイックスタート

      コメントオフ ダクトクイックスタートについて

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

EdgeWise内のダクトモジュールを使用すると、ポイントデータベースから長方形のダクトを抽出できます。 この記事では、ポイントデータベースから完全なダクトモデルに移行する方法について説明します。 ダクトワークフローの詳細については、このクイックスタートガイドに続く記事を参照してください。

規格

EdgeWise内のすべてのダクト要素は、標準サイズに基づいている必要があります。 ダクトツールバーの左側には、XNUMXつのドロップダウンメニューがあります。 これらを使用すると、使用するデフォルトの標準と、EdgeWiseで抽出するサイズを変更できます。 サイズをつけたまま 自動調整 最も近いサイズを見つけるようにEdgeWiseに指示します。

図1:オートフィットを使用したインペリアルダクト標準

独自のカスタム標準を挿入する場合は、見つかったカスタム標準ガイドを参照してください (茶事の話はこちらをチェック).


半自動抽出

標準とサイズを選択したら、要素の抽出に進むことができます。 EdgeWiseにサイズを決定させたい場合は、サイズをオンのままにします オートフィット。 あなたの選択します。 抽出ツール リボンから、またはを押します X キーボードのキー。 次に、左クリックして選択ボックスを開始し、オブジェクトの周りを左クリックし続けます。 抽出したいアイテムをポリゴンで囲んだら、ダブルクリックして選択を終了します。 EdgeWiseは、ダクト要素に最適なものを見つけて抽出します。 長方形ダクトの場合、ダクトの直線部分を抽出するだけでよいことに注意してください。 エルボーとトランジションの挿入は、後で自動的に行われます。

ダクトクイックスタート半自動抽出
図2:ダクトの抽出ポリゴン

参照する この記事 半自動抽出の詳細については。


QA

要素をQAするには、3Dビューで要素を選択し、[ スマートシート ボタン。 または、 Q キーボードのキーを押します。 左クリックしてドラッグ 2D空間での位置を調整するための、3Dビューの白い輪郭のオブジェクト。 ツールバーと3Dビューで利用できる他のQA翻訳ツールを利用してください。

参照する この記事 QAの詳細については。


アラインメント

エルボ接続またはトランジションを作成する前に、ダクトチェーンを位置合わせする必要があります。 アライメントの実行は、 スナップ ダクトツールバーにあるツール。 ダクトチェーンのエンドピースは互いに平行にスナップする必要がありますが、チェーン全体はそれ自体と整列するようにスナップする必要があります。

ダクトクイックスタートスナップツール
図3:スナップドロップダウン

参照する この記事 配置の詳細については。


接続

ダクトチェーンを調整したら、 橈骨エルボ or 留め継ぎエルボ 自動ツール。

最初の使用 Ctrlキーを押しながら左クリック XNUMXつの直線ダクトセクションを選択します。 次に、移行も必要な場合は、 トランジションを追加 チェックボックス。 最後に、どちらかをクリックします 橈骨エルボ or 留め継ぎエルボ、およびEdgeWiseは正しいエルボを挿入します。

接続の変更
図4:自動的に追加された半径エルボが緑色で強調表示されます

抽出された肘は、赤い矢印を使用して編集できます。

参照する この記事 配置の詳細については。


輸出

モデルが完成したら、モデルを成果物に取り込む準備が整います。 クリック Revitにエクスポート ボタンまたはのさまざまなオプション 輸出 ご希望のフォーマットのドロップダウンメニュー。

参照する この記事 エクスポートの詳細については。

この記事は役に立ちましたか?
4.5星のうち5

1レーティング

5スター 0%
4スター 100%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次