ライセンス用語集

      コメントオフ ライセンス用語集について

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

当社の ClearEdge3D 製品 EdgeWise および Verity+Rithm を使用した センチネル ライセンス システム タレス社提供。 ライセンスのアクティベーションやライセンス エラーのトラブルシューティングを試みる場合、システムは非常に複雑になる場合があります。 この記事の目的は、このナレッジベース内の記事で使用するすべての用語のライセンス用語集を提供することです。

ライセンスの種類 用語集

  • スタンドアロン – ライセンスを取得したソフトウェアを使用しているマシン上でアクティベート/保存されるライセンスのタイプ。 ライセンスは、マシンのハード ドライブ、またはマシンに接続された物理 USB ドングルのいずれかに保存できます。
  • ネットワーク – 「ホスト」マシン上でアクティベート/保存されるライセンスのタイプ。 従来、このマシンはサーバーまたは VM (仮想マシン) でした。 このライセンスは、マシン/サーバーがライセンスを「ホスト」し、ユーザー マシンがネットワーク経由でライセンスのインスタンスを「プル」できるように設計されています。
  • ソフトウェア/ノードロック – マシンのハードドライブにアクティベート/保存されるライセンスのタイプ。
  • ハードウェア/USBドングル – マシンのハードドライブに保存されるのではなく、物理的な USB ドングルに保存されるタイプのライセンス。 USB ドングル ライセンスには XNUMX つの形式があります。 ノーマル および Legacy。 レガシー ドングルは段階的に廃止される古いライセンス システムを使用しており、色はグレーで緑色に光ります。 通常のドングルはソフトウェア ライセンスと同じライセンス システムを使用しており、色は青で赤く光ります。
  • サブスクリプション – 通常、1 年単位で購入されるタイプのライセンスを指します。 サブスクリプションが終了すると、ライセンスの有効期限が切れます。
  • パーペチュアル – ソフトウェアへの永久的なアクセスを許可するライセンスの種類を指します。 ただし、新しいバージョンのソフトウェアへのアクセスとサポートへのアクセスは、ライセンスが有効である間のみ許可されます。 メンテナンス 有効であり、期限切れではありません。
  • メンテナンス – ソフトウェアの最新バージョンへのアクセスと継続的なサポートを提供するサービスを指します。 メンテナンスは通常、次のものとペアになります。 永遠の ライセンスがあり、毎年請求されます。 メンテナンスの有効期限が切れたり、ユーザーが「メンテナンスを終了」すると、サポート契約は終了し、ソフトウェアの新しいバージョンへのアクセスはロックされます。 「メンテナンス中」の場合、引き続きサポートにアクセスでき、リリースされた新しいバージョンのソフトウェアをインストールできます。

ライセンスツールの用語集

  • ライセンスツール – このツールは、「アクティベーション コード」を介してライセンスをアクティベートするために使用されます。 これらのアクティベーション コードは電子メールで送信されます。 このツールは、ソフトウェアのそれぞれの「ツール」フォルダーにあります: C:\Program Files\ClearEdge3D\ソフトウェア\ツール。
  • RUS-ライセンスツール – このツールは、「ライセンス ファイル」を介してライセンスをアクティブ化し、転送するために使用されます。 これは、ネットワーク ライセンスのアクティベーションとライセンスの転送に最もよく使用されます。 これらのライセンス ファイルは次のもので構成されています .c2v ファイル (顧客からベンダーへ) と .v2c ファイル (ベンダーから顧客へ)。 このツールの最初のタブは、 .c2v ファイルをアクティブ化するために XNUMX 番目のタブを使用する .v2c 返送されるファイル。 XNUMX番目のタブ 現在は使用されていません。 ライセンス転送を実行する場合は、通常、まず営業担当者に連絡し、ライセンス管理者とともに転送プロセスを開始することをお勧めします。 このツールは、ソフトウェアのそれぞれの「ツール」フォルダーにあります: C:\Program Files\ClearEdge3D\ソフトウェア\ツール。

ライセンス構成と環境の用語集

  • LocalHost:1947 – ライセンス管理コントロール センター。 これには、次の URL に移動してアクセスできます。 http://localhost:1947/int型/ACC_help_index.html。 このコントロール センターを使用すると、ユーザーまたは管理者はネットワーク ライセンス設定を構成し、マシンがアクティブ化したアクティブなライセンス、またはネットワーク経由で確認できるアクティブなライセンスを表示できます。 91033 は EdgeWise のベンダー ID であり、109705 は Verity + Rithm のベンダー ID です。
  • 機能/フラグ – ソフトウェアのさまざまな側面へのアクセスをユーザーに与えるライセンスの特定のコンポーネントを指します。 たとえば、EdgeWise はデフォルトで Plant3D プラグインへのアクセスを提供しませんが、 簡潔な をライセンスに追加する必要があります。 ライセンスの機能は、上記のライセンス管理コントロール センターにアクセスすることで確認できます。 これらは、EdgeWise を使用している場合、ヘルプ タブ内の [バージョン情報] メニューにも表示されます。
  • セッションズ – ライセンス管理コントロール センター内にあるセッションでは、現在ライセンスを取得しているマシンが表示されます。 ほとんどのユーザーは、誰がネットワーク ライセンスを取得しているのかを知りたいときにセッションを参照します。
  • RTE/HASP – RTE または「ランタイム環境」は、ライセンス システムを実行する「エンジン」と考えることができます。 HASP は、この環境をインストールする方法です。 これらのシステムは、EdgeWise または Verity+Rithm のインストール時に自動的にインストールされます。 ネットワーク ライセンスを使用する場合、それぞれのライセンス インストール記事には、ライセンスが適切に「ホスト」されるように RTE をインストールする HASP インストーラーが含まれています。

その他のライセンス用語の用語集

  • ライブ、セミライブ、オンデマンドビデオ – ライセンスがアクティベートされているマシン/サーバー。 これは通常、「クライアント」という用語と組み合わせて参照されます。
  • クライアント – EdgeWise または Verity+Rithm がインストールされ、エンドユーザーによってアクティブに使用されるマシン。 これは通常、「ホスト」という用語と組み合わせて参照されます。
この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次