構造クイックスタート

      コメントオフ 構造クイックスタートについて

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

EdgeWise内の構造モジュールを使用すると、点群データベースから複数のタイプの構造要素を抽出できます。 この記事では、ポイントデータベースから完全な構造モデルに移行する方法について説明します。 詳細な構造ワークフローについては、このクイックスタートガイドに続く記事を参照してください。

規格

EdgeWise内のすべての構造オブジェクトは、 標準の形状とサイズ。 構造ツールバーの左側には、XNUMXつのドロップダウンメニューがあります。 これらを使用すると、使用するデフォルトの標準、およびEdgeWiseで抽出する形状とサイズを変更できます。

図1:抽出ドロップダウンオプション

サイズをつけたまま 自動調整 EdgeWiseに、アプリケーションにあるカタログから最も近いサイズを見つけるように指示します。 独自のカスタム標準を挿入する場合は、見つかったカスタム標準ガイドを参照してください。 (茶事の話はこちらをチェック).


半自動抽出

標準、形状、サイズを選択したら、抽出する準備が整います。 を選択 抽出(X) 構造ツールバーからのツール。 次に、XNUMX回左クリックして、ポリゴンの生成を開始します。 オブジェクトが囲まれるまで、オブジェクトのポイントデータの周りを左クリックし続けます。 最後に、ダブル左クリックして選択を終了し、EdgeWiseが抽出を完了するのを待ちます。

半自動抽出ツールの詳細については、この記事を参照してください。 (茶事の話はこちらをチェック).

半自動抽出
図2:構造オブジェクトのポリゴン抽出

QA

半自動抽出は、ジオメトリをモデル化するための迅速で簡単な方法です。 ただし、正確性を検証し、ポイントデータベースに適合させるには、精力的な手動QAプロセスが重要です。 抽出が完了したら、をクリックします スマートシート リボンのツール。 2Dビューと、プロジェクト内の要素のスプレッドシートが提供されます。 2Dビューから、緑色のポイントデータを参照として使用して、適合を確認します。 構造タブには、完璧なフィット感を実現するためのさまざまな形状変更ツールが用意されています。

QAツールの詳細については、この記事を参照してください (茶事の話はこちらをチェック).


パターン化された抽出物

EdgeWise構造内のアイテムを一度にXNUMXつずつ抽出する方が、手動でモデリングするよりもすばやく簡単です。 ただし、このワークフローをさらに高速化できるツールがもうXNUMXつあります。

パターン化された抽出物 要素の繰り返しシーケンスを取り、それらを抽出してポイントデータベースに自動的に再適合させます。 ポイントデータベースで繰り返される、すでに抽出された要素を選択することから始めます。 次に、をクリックします パターン化された抽出物 ツールをアクティブにします。 次に、シード選択のアイテムを開始点として左クリックします。 次に、次のいずれかを実行できます。

  • ポイントデータベースに垂直でないアイテムのパターンの次の要素をダブルクリックします。
  • パターン内の次の項目を左クリックしてから、繰り返しの方向に平行な要素を左クリックします。
垂直モード
図3:パターン抽出垂直モード
明示的方向モード
図4:パターン化された抽出明示的方向モード

EdgeWiseは、要素の抽出と再調整をXNUMX、XNUMX回行います。 終了したら、次に進む前に、必ず要素を手動でQAしてください。

パターン抽出ツールの詳細については、この記事を参照してください。 (茶事の話はこちらをチェック).


輸出

モデルが完成したら、モデルを成果物に取り込む準備が整います。 クリック Revitにエクスポート ボタンまたはのさまざまなオプション 輸出 ご希望のフォーマットのドロップダウンメニュー。

エクスポートの詳細については、この記事を参照してください (茶事の話はこちらをチェック).

この記事は役に立ちましたか?
4.8星のうち5

2の評価

5スター 50%
4スター 50%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次