EdgeWiseのスキャンファイルタイプ

      コメントオフ EdgeWiseのスキャンファイルタイプについて

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、EdgeWiseが利用できるさまざまなスキャンファイルタイプについて説明します。 特定のスキャンファイルタイプは、EdgeWiseの特定の自動化されたプロセスに制限されていることに注意してください。 この記事では、EdgeWiseが取得できるさまざまなスキャンファイルの種類と、それらのファイルの種類の構成について説明します。


重要な用語

構造化データ or 統合されていないデータ 個々のスキャン位置、またはスキャナーが3D空間にあった場所をファイルに記録します。

非構造化データ or 統合データ、すべてのスキャンをXNUMXつの個別のスキャンファイルに結合します。

原則として、これらのファイル形式で作業する場合、構造化データを非構造化データに変換することは可能ですが、その逆はできません。


エッジワイズ

EdgeWise は主に構造化データを使用します。 パイプと壁の自動抽出は、 構造化された および 非構造化データ ただし、構造化されたワークフローは、構造化されていないワークフローよりも多くのファイル タイプを受け入れます。 点群データベースは、任意のデータ形式を使用して引き続き作成できます。 データ形式の種類は、半自動ツールには影響しません。


構造化データ型

独自のファイル形式

以下は、独自仕様であり、特定のアプリケーションでのみ読み取ることができるファイルタイプです。 これらは定期的に変更されず、構造化されたデータ形式であるため、通常、EdgeWiseを使用する場合に最適です。

  • トリンブル: .tzf
  • ファロ: .fls
  • ライカ: .PTG
  • Z + F: .zfs および .zfprj
  • DotProduct: .DP
  • ジェクセル: .rgp
  • AutoDesk: 非統一要約プロジェクト(.RCP)

一般的なファイル形式

ほぼすべての点群表示ソフトウェアがエクスポートまたはインポートできるファイル。 これらの形式の主な問題は、さまざまなプログラムがエクスポートされたファイルをわずかに微調整する傾向があり、ファイルリーダーで問題が発生する可能性があることです。

 .PTX

  • 同じ量の情報を表すためにより多くのスペースを必要とするASCIIファイル
  • 複数の座標系、通常はローカル座標系とグローバル座標を含めることができます
  • 常に構造化されます
  • スキャン場所ごとに複数のPTXファイル、またはプロジェクト全体にXNUMXつの大きなPTXファイルを含めることができます

.E57

  • 構造化または非構造化可能–通常、構造化バージョンは非構造化バージョンよりもファイルサイズが大幅に大きくなります
  • 複数のスキャン場所のデータを含むプロジェクト全体に対して57つのe57ファイルを作成することも、各スキャン場所をXNUMXつのeXNUMXファイルとして記録することもできます。

非構造化データタイプ

以下のファイル形式はすべて構造化されていないため、スキャナーがスキャンのどこにあるかについての情報は記録されません。 ほぼすべての点群ソフトウェアは、以下のファイルタイプをインポート/エクスポートできます。

.RCP

  • RCP の構造化されていないバリアント
  • 構造化されたバリアントは大幅に小さくなります。

.RCS

  • 上記の RCP と同様に、すべてのスキャンを統合できます
  • また、単一のスキャン場所であること

.PTS / .XYZ

  • 非構造化
  • 複数のプログラムによってエクスポート
  • 同じ量の情報を表すためにより多くのスペースを必要とするASCIIファイル。

.E57

  • e57の非構造化バリアント
  • 構造化されたバリアントは大幅に小さくなります。

ポイントデータベースワークフロー

ポイント データベース ワークフローを使用すると、スキャン ファイルではなく、既存の EdgeWise ポイント データベースに基づいてパイプまたは壁のモデルを自動的に抽出できます。 このワークフローがサポートする唯一のファイルは、 .c3BD ファイル。 このファイルは、EdgeWise で他のスキャン ファイルが処理されるたびに作成されます。

この記事は役に立ちましたか?
4.7星のうち5

3の評価

5スター 33%
4スター 67%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次