半自動抽出およびQA–ケーブルトレイ

      コメントオフ 半自動抽出とQAについて–ケーブルトレイ

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

EdgeWise内のケーブルトレイモジュールを使用すると、ポイントデータベースからケーブルトレイを抽出できます。 この記事では、 半自動抽出 ケーブルトレイワークフローのQA部分。

Cable Traysモジュールには完全に自動化された抽出プロセスは含まれていませんが、ワークフローの開始は依然として半自動化された抽出とQAに依存しています。 このワークフローを開始するには、プロジェクトのポイントデータベースモデルがすでに作成され、開かれていることを確認してください。

クリック ブランクモデル [ファイル]タブの下にあるボタンをクリックし、[ 新しいケーブルトレイモデル。 新しいモデルがに表示されることに注意してください モデル選択ペイン。 モデル選択ペインでこの新しいダクトモデルを選択してから、 ケーブルトレイ リボンのタブ。

[ケーブルトレイ]タブ

[ケーブルトレイ]タブには、ケーブルトレイの抽出と変更に必要なすべてのEdgeWiseツールが含まれています。 左側には、標準、サイズ情報、および抽出ツールが表示されます。 中央と右側は、QA、ポジショニング、およびエルボー挿入ツールで構成されています。

ケーブルトレイタブ
図1:[ケーブルトレイ]タブ

[ケーブルトレイ]タブの最初のセクションには、XNUMXつのドロップダウンメニューボックスがあります。 これらのボックスを使用して、抽出する要素の標準とサイズを変更します。 サイズはそのままにすることもできます 自動調整。 を使用して、独自のカスタム標準をインポートできます。 輸出基準 ボタン。 を参照してください クストm標準 詳細については、記事を参照してください。


半自動抽出

標準とサイズを選択したら、要素の抽出に進むことができます。 EdgeWiseにサイズを見つけてもらいたい場合は、サイズをオンのままにします 自動調整。 あなたの選択 抽出ツール リボンから、またはを押します X キーボードのキー。 次に、左クリックして選択ボックスを開始し、オブジェクトの周りを左クリックし続けます。 ポリゴンがアイテムを囲んでいる場合は、ダブル左クリックして選択を終了します。 EdgeWiseは、要素に最適なものを見つけて抽出します。 ケーブルトレイの場合、まっすぐな部分を抽出するだけでよいことに注意してください。 エルボ、トランジション、および接続の挿入は、後で自動的に行われます。

ケーブルトレイ抽出ポリゴン
図2:ケーブルトレイの抽出ポリゴン

同じサイズの要素をさらに抽出する必要がある場合は、元のアイテムを選択してから、を押します。 選択済みに設定 リボンのボタンとEdgeWiseは、カタログのサイズを現在の選択に変更します。 現在、EdgeWiseは、ポイントデータベースからこのカタログサイズでこのアイテムを抽出しようとするだけです。


QAツール

要素をQAするには、3Dビューで要素を選択し、[ スマートシート ボタン。 または、 Q キーボードのキー。 これで、2つの追加ウィンドウが表示されます。 まず、選択したオブジェクトとそれに関連するポイントデータの3Dビュー。 次に、現在のプロジェクトのすべてのオブジェクトのスプレッドシート。 さらに、このモードでもXNUMXDプロジェクトを表示できます。

左クリックしてドラッグ の白い輪郭のオブジェクト 2D 3D空間での位置を調整するために表示します。 Shiftキーを押しながら、左クリックしてドラッグします オブジェクトの傾きを調整します。 使用 回転させる リボンの右端にあるボタンを使用して、オブジェクトを左、右、またはフラットに90度回転させます。


追加のQAツール

  • 修理 ボタンとEdgeWiseは、オブジェクトをポイントデータに再フィットさせようとします。
  • 選択 リサイズをタップし、その後、 左クリックしてドラッグ グリーンポイントデータベースデータとEdgeWiseの周りのボックスは、選択に基づいて最も近いサイズを見つけます。
  •   スナップ ツールを使用すると、選択したオブジェクトを平行、垂直、同一線などのさまざまな設定にスナップできます。
  • コピーサイズ 選択したオブジェクトを別のオブジェクトと同じサイズにする場合に使用できます。 サイズを変更したいアイテムを選択し、をクリックします コピーサイズ、次に目的のサイズのオブジェクトを選択します。
  • 広がります 選択したXNUMXつまたは複数のアイテムを別の幾何学的サーフェスの平面に拡張できます。

3Dビューでの変更

ケーブルトレイの変更
図3:サイドドラッガー付きケーブルトレイ

オブジェクトが3Dビューで選択されている間、変換と変更のための追加のオプションがあります。 オブジェクトの中央にある小さな赤い矢印を使用して、要素を平面に沿って移動します。 ダクトの端にある小さな赤い矢印を使用して、要素を回転させます。 両端にある大きな赤い矢印は、要素の長さを増減するために使用されます。 両端の青いボールを使用して、オブジェクトを自由に傾けることができます。 任意の視点から3D空間の要素をクリックしてドラッグすることもできます。

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次