高度なSmartsheets

      コメントオフ 高度なSmartsheets

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、EdgeWiseパイピングスマートシートの高度な側面の使用方法について説明します。 ほとんどのユーザーは、パーツ情報スマートシートとチェーン情報スマートシートに精通しています。 ただし、ほとんどのユーザーは、通常の使用法またはトレーニングからこれらのスマートシートで使用できる通常のツールにしか精通していません。 これらのスマートシートには、ワークフローの効率とトラブルシューティングの改善に役立つ可能性のある、より高度な機能があります。


高度なSmartsheets–部品情報Smartsheet

まず、この記事では、Part InfoSmartsheetの詳細オプションについて説明します。 このスマートシートにアクセスするには、 パイピング EdgeWise内のタブ。 次に、smartsheetのドロップダウンボタンをクリックして、 部品情報Smartsheet(Q).


部品情報–ボタン

QAモードボタン
図1:QAモードボタン
部品情報ボタン
図2:部品情報ボタン

おそらく最初に気付くボタンは QAモード ボタン。 このボタンとその使用法の詳細については、を参照してください。 この記事はこちら。 残りのボタンは、Part InfoSmartsheetの下部にあります。

Zoom カメラをにスナップします ダウンザバレルまたはブロードサイド 選択したパイプのビュー。 これはQAモードの動作と似ていますが、これは Zoom パースビューでも機能にアクセスできます。

承認 現在選択されているパイプの承認済みドロップダウンをに設定します はい。 または、承認ドロップダウンをクリックして、次のように変更することもできます。 はい or いいえ.

修理 現在選択されているパイプを点群に適合させようとします。 これは、ラフポイントクラウドデータを操作していて、パイプを手動で移動する必要がある場合に特に役立ちます。

削除 現在選択されているパイプを削除します。


部品情報–リボン

部品情報リボン
図3:部品情報リボン

部品情報-ファイル
図4:部品情報–ファイル

輸出 パーツ情報のスマートシートを編集可能な.csvファイルにエクスポートします。 これは、プロジェクトに存在するすべてのパイプパーツをカタログ化する場合に特に役立ちます。

出口 パーツ情報スマーシートを閉じるだけです。 または、を押すこともできます X 右上隅のボタンを押すか、を押します Q キーボードの。


部品情報-列設定
図5:部品情報–列設定

一時IDを表示 個々のアイテムの一意の識別子を示す列が追加されます。 これは、他の成果物へのインポートにアイテムがない場合に特に役立ちます。 作成に失敗した各アイテムのIDを示すログファイルが作成されます。 これらのID番号は、TempID列に表示されるものと同じです。

フィートとインチでの表示直径 パイプパーツをフィートとインチで表​​示する列をパーツ情報スマートシートに追加します 加えて 現在のメトリック設定に。

RMSE /カバレッジを表示する RMSEとカバレッジパーセンテージの列が表示されます。 これらの列は、QAモードに入ると自動的に表示されます。


部品情報-オプション
図6:部品情報–オプション

検査モード 基本的にQAモードにジャンプするトグルです。 検査モード 正投影と ダウンザバレル/舷側 選択したパイプのビュー。

ズームイン表示モード 検査、ズーム、QAビューを切り替えることができます ダウンザバレル および 舷側.

ズームイン表示モード
図7:ズームイン表示モード

柱のスタイル パーツ情報smartsheetのビジュアルアジャスターです。

柱のスタイル
図8:列スタイル

グリッド線スタイル パーツ情報smartsheetのビジュアルアジャスターです。

グリッド線スタイル
図9:グリッド線のスタイル

高度なSmartsheets–チェーン情報Smartsheet

この記事の残りの部分では、Chain InfoSmartsheetの高度なオプションについて説明します。 このスマートシートにアクセスするには、 パイピング EdgeWise内のタブ。 次に、smartsheetのドロップダウンボタンをクリックして、 チェーン情報Smartsheet(I).


チェーン情報–ボタン

チェーン情報-ボタン
図10:チェーン情報–ボタン

Zoom チェーン情報のsmartsheetは、部品情報のsmartsheetのズームボタンと同じように動作します。 現在選択されているチェーンにズームインします。

石斑魚 現在選択されているチェーンを「クリーン」します。 見る この記事

マルチ編集 選択したパイプチェーンにさまざまな調整を加えることができます。 を参照してください パイプをきれいにし、標準を適用する および レイヤーの活用方法 記事。

削除 現在選択されているチェーンを削除します。


チェーン情報–リボン

チェーン情報-リボン
図11:チェーン情報–リボン

チェーン情報-ファイル
図12:チェーン情報–ファイル

輸出 チェーン情報スマートシートの情報の.csvファイルを生成します。

出口 チェーン情報のスマートシートを閉じます。 または、を押すこともできます X 右上隅のボタンを押すか、を押します I キーボードのキーを押します。


チェーン情報-列設定
図13:チェーン情報–列設定

新しい列 チェーン情報smartsheetに新しい空白の列を作成します。 クラッシュを引き起こすことが知られているため、この機能を回避することをお勧めします.

一時IDを表示 チェーン情報スマートシートに識別番号の列を表示します。 ただし、パーツ情報スマートシートのTemp ID列は、他のソフトウェアにインポートするためにログファイルによって参照されるものです。

フィートとインチでの表示直径 パイプパーツをフィートとインチで表​​示する列をパーツ情報スマートシートに追加します 加えて 現在のメトリック設定に。

ディスプレイチェーンの中間点 チェーン情報smartsheetにXNUMXつの新しい列を作成します。 これらの列には、パイプチェーンの中心のX、Y、およびZ座標点が表示されます。


チェーン情報-オプション
図14:チェーン情報–オプション

検査モード, ズームイン表示モード、列スタイル、およびグリッド線スタイル 上記ですべて説明されています。

チェーン情報-レイヤー編集モード
図15:チェーン情報–レイヤー編集モード

レイヤー編集モード あなたがの間で変更することができます タイプインモード および レイヤースペックモード。 参照する この記事 レイヤーの詳細については。


  Points 列オプションは問題を引き起こすことが知られています。 この列は無視してください。 ザ・ カスタマーサービス オプションは、EdgeWiseのバージョンに関する情報とライセンス情報を開きます。

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次