スナップダクト

      コメントオフ スナップダクトについて

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、EdgeWiseのダクトモジュール内のスナップツールについて説明します。 EdgeWise内のスナップツールは、ダクト、構造、および配管モジュール間で類似しています。

スナップツール

スナップツールダクト
図1:スナップツールのドロップダウンメニュー

スナップツールを利用するには、次の手順を実行します。

  1. ビューでダクト要素を選択します。
  2. セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます スナップ ドロップダウンメニューを使用して、スナップオプションのリストを表示します。
  3. スナップオプションをクリックします。
  4. 垂直または水平の場合、スナップはすぐに発生します(他の入力は必要ありません)。 Parallel、Perpendicular、Collinear、Aligned、またはReconnectの場合は、参照(ターゲット)ダクト要素をクリックして、スナッププロセスを完了します。

以下は、各スナップオプションのリストと詳細情報です。

  •   水平/垂直 オプションは、ダクトをスナップして、z軸に対して完全に水平または垂直にします。
  • 平行/垂直 ダクト要素を、選択した別のターゲットダクト要素に対して平行または垂直の方向にスナップします。
  •   共線 スナップオプションは、ダクト要素を移動して、ターゲット要素と同一直線上に配置します。
  •   整列 オプションで、選択したスナップオブジェクトを軸方向に回転させて、選択したターゲットオブジェクトに位置合わせします。 肘とトランジションについては、 整列 スナップすると、もう一方の端が上部と一緒に回転し、以前の接続が切断される可能性があります。 ザ・ 整列 機能は、ダクト配管の作成の最後に使用する場合にも役立ちます。
  • 最後に、 再接続 選択した要素を選択したターゲットオブジェクトに位置合わせし、XNUMXつの間の接続を確立します。

PROヒント:ダクト配管を作成した後、最終チェックを実行して、ダクト、接続、およびトランジションがすべて整列していることを確認すると役立つ場合があります。 実行の一方の端から開始し、「位置合わせ」スナップオプションを使用して反対側の端に向かって作業するのが最善です。

ダクト配管の作成の詳細については、を参照してください。 この記事.

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次