スロープグリッド

      コメントオフ スロープグリッド上

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、 スロープグリッド 下にあるツール ADA ボタンの インスペクターツールバー。 このツールを使用すると、ユーザーはポイントクラウド上に勾配分析のグリッドを作成できます。 このツールは通常、傾斜解析のグリッドパターンスポットチェックを作成するように設計されています。

スロープグリッドツール
図1:スロープグリッドツール

分析

ツールを使用するには、最初にを選択します スロープグリッド インスペクターツールバーにあるADAボタンの下。 クリックすると、スロープ解析設定ボックスが表示されます。

斜面解析設定
図2:斜面解析の設定
  • 工具長 –各ポイントに表示される傾斜矢印の長さ。
  • グリッド間隔 –グリッド内のポイント間の距離。
  • 勾配要件 –分析の最小および最大勾配パーセンテージ。
  • ツールの方向 –各ポイントでどの方向が表示されるか
  • アラインメント –グリッドの各ポイントでの矢印の配置を制御します。
    • グリッドに対して –選択したグリッドポイントの方向に矢印を揃えます。
    • 座標系に関連して –矢印を直交方向に揃えます。

設定を調整したら、グリッドの定義を開始できます。 [勾配解析]ダイアログボックスで[次へ]をクリックして続行します。 次に、左クリックしてグリッドの角、長さ、幅を定義します。 [はい]をクリックすると、Rithmに分析が表示されます。

結果
図3:結果

輸出

結果を.dxfとしてエクスポートできます。 まず、インスペクターツールバーから[エクスポート]をクリックし、ファイルタイプが.dxfであることを確認します。


他のADAツールについては、以下を参照してください。 ランプ分析 および シングルスロープ 記事。

この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次