リズムのためのプロジェクトの準備

      コメントオフ リズムのためのプロジェクトの準備について

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、Rithm用のプロジェクトの準備について説明します。 Rithmは、Navisworksの管理とシミュレーションのプラグインとして機能します。 このため、Rithm用にプロジェクトを準備するには、Navisworks自体の中でいくつかの手順が必要になります。

サポートされているファイルの種類

Rithmは、AutodeskRecapプロジェクトファイルタイプをサポートしています。 RCS or RCP。 Rithmは、統合データと非統合データの両方を処理することもできます。 データが現在このデータ形式でない場合は、 RCP 要約内のファイル。 ザ・ RCP / RCS ワークフローを開始する前に、ファイルをNavisworksプロジェクトに追加する必要があります。


NavisWorksでセクションボックスを作成する

点群データがNavisworksに追加されたら、セクションボックスを適用して、Rithmの床または壁を分離する必要があります。

Navisworksでのリズム要約プロジェクトのプロジェクトの準備
図1:Navisworksに追加された要約プロジェクト

セクションボックスを作成するには、に移動します ViewPoint Navisworksのタブをクリックし、 セクショニングを有効にする.

セクショニングボタンを有効にする
図2:セクショニングボタンを有効にする

選択後 セクショニングを有効にする、セクションボックスコントロールとともに次のタブが表示されます。

セクショニングツールを有効にする
図3:セクショニングツールを有効にする

モードをに変更します ボックス。 これは、左側のドロップダウンオプションを使用して実行できます。 次に、3Dビューの矢印をクリックしてドラッグすることにより、セクショニングボックスを変更できます。

XNUMXつのコマンドを使用して、セクションボックスを操作します。

  • 移動:ボックスを3D空間でスライドさせます。
  • ローテート:ボックスを中心点を中心に回転させます。
  • 規模:ボックスを目的の方向に拡大または縮小します。

セクションボックスの編集が完了したら、点群を切り取って、床の点(または壁の点)だけが表示されるようにする必要があります。

リズムの準備ができている孤立したフロアポイント
図4:リズムの準備ができている孤立したフロアポイント

先に進む前に、プロジェクトをNavisworksに保存してください。 今、あなたはクリックすることができます リズムで分析する セクションに Verity(+リズム) タブ。 Rithmが開き、スキャンデータの分析とインポートが開始されます。

リズムのためのプロジェクトの準備-リズムボタンで分析
図5:[リズム]ボタンで分析
この記事は役に立ちましたか?
4.5星のうち5

1レーティング

5スター 0%
4スター 100%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次