等高線図

      コメントオフ 等高線図

キーワードによるナレッジベースの検索

あなたはここにいる:
←すべてのトピック

スタートガイド

この記事では、の使用方法について説明します。 輪郭 地図 Rithmのツール。 等高線図作成の概要は、分析する領域を定義し、設定を調整してから、結果をエクスポートすることです。 適用することをお勧めします デブリフィルター マップの作成に移る前に。

創造

輪郭の作成にはXNUMXつの方法があります。 まず、をクリックして サーフェスを追加 デブリフィルターが実行された後。 次に、をクリックして 等高線図 サーフェスツールの下で左クリックして領域を定義します。

等高線図ボタン
図1:等高線図ボタン

主な輪郭設定

図2:輪郭設定

輪郭に沿った間隔:等高線標高ラベル間の間隔を制御します。 間隔が密集しているほど、等高線上およびその周囲に表示される標高ラベルが多くなります。 間隔の混雑が少ないほど、表示される標高ラベルは少なくなります。 ラベルが多すぎると等高線が見にくくなり、少なすぎると等高線の標高を識別しにくくなるため、通常、この設定をバーの中央のどこかに適用することをお勧めします。

インターバル:等高線間の標高間隔を決定し、作成される等高線の総数を制御します。 この設定は、新しい標高等高線が描画される距離間隔を決定します。 たとえば、¼インチで標高の変化を追跡する場合は、この設定を.25インチに調整します。 コンクリートスラブの場合、通常は低い値(インチの端数)をお勧めします。非コンクリートスラブの床の場合は、高い値を試すことをお勧めします。

滑らか:輪郭の描画に使用されるセグメントの数を決定します。 より正確な輪郭が必要な場合は、スライダーを左に移動します。 精度よりも速度が気になる場合は、このスライダーを右に動かしてください。 コンクリートスラブのコンターは最も正確な滑らかさの設定を使用する必要がありますが、非スラブの床はより粗く、精度の低い滑らかさの値を使用できます。

ぬりえモードの場合:

高低: 等高線には、異なる標高を反映する複数の色があります。 これは、各カラーバンドが定義された許容値の変化を表すことを意味します。

切土/盛土: 3色を提供します。 許容範囲を超える場合は赤。 許容範囲内の緑。 許容範囲を下回る場合は青。

プレーン: 等高線には色が含まれません。

公差:カラーリングモードが切土/盛土の場合に、ポイントを切土または盛土で表示するかどうかを決定する、ベース標高の上下の標高。


代替輪郭設定

最小カウンター長:保持する等高線の最小長を指定します。 この値より短い輪郭は除外されるため、これを設定して不要な短い輪郭を削除します。

最小ラベル間隔:隣接する等高線ラベル間の最小距離を指定します。 この距離より近いラベルは除外されます。 ラベルの重なりを防ぐために設定します。

遮る:[OK]をクリックする前にこれを使用して、無視するXNUMXつ以上のスラブ領域を指定します。 スキャンシャドウ、フィルタリングされていない破片、およびその他の問題のある領域の周囲で使用します。

石斑魚:輪郭を抽出した後、XNUMXつまたは複数のスラブ領域の輪郭を削除しました。 以前は気づかなかった破片など、問題のある領域の周囲で使用します。 輪郭抽出の前に問題のある領域がわかっている場合は、 遮る よりクリーンな結果が得られるため、ツールです。

完成した等高線図
図3:完成した等高線図

輸出

設定を決定し、アクティブな等高線図があることを確認したら、エクスポートに進むことができます。 クリックしてください 輸出 Builderツールバーのボタンをクリックし、ドロップダウンメニューが.DXFに設定されていることを確認します。 次に、[エクスポートユニット]ドロップダウンメニューをクリックしてエクスポートユニットを決定し、[参照]ボタンをクリックしてファイルパスを変更します。 終了したら、[エクスポート]をクリックします。

輪郭のエクスポート
図4:輪郭のエクスポート
この記事は役に立ちましたか?
0星のうち5
5スター 0%
4スター 0%
3スター 0%
2スター 0%
1スター 0%
5
この記事をどのように改善できますか?
この記事をどのように改善できるでしょうか?
お困りですか?
目次